Uncategorized
/

クレジットカードに抵抗がある方に是非読んでもらいたいです。わたしはクレジットカードを持つことにとても抵抗がありました。不正に利用されて口座から根こそぎお金を抜き取られるんじゃないかとか、年会費が高いんじゃないか、現金で払っても同じことでしょ、と思っていました。しかし、いざクレジットカードを手にし、使ってみるとこんなに便利なの!?と実感したのです。まずひとつに年会費が必要なカードも多々ありますが、年会費無料のカードも多くあること。次にポイントは現金で支払っていては何もたまりませんが(お店ごとのポイントカードは別です)、生活に必要なものすべてをクレジットカードで払えばどんどんポイントが貯まっていきます。もちろん、クレジットカードが使えないお店もまだまだありますが、昔に比べると段違いに使えるお店が増えています。付帯サービスもクレジットカードの種類にもよりますが、わたしは海外旅行の際の保険の付帯サービスがいいと思いました。日常生活での利用では小銭がいらないこと、レジが非常にスムーズに済むことがかなりのメリットだと思っています。ポイントを貯めることはお金の節約、スムーズな会計は時間の節約になります。

Uncategorized
/

クレジットカードの明細書って皆さんどうされていますか?どうされていますか?っていうのはですね、具体的には、WEB明細と、紙の明細のどちらを利用されていますか?ということです。ちなみに私は、紙の明細書を利用しています。そのほうが、直感的にいくら使ったのかというのを把握できるからです。WEB明細は、なんだかまどろっこしくて、ついつい確認するのを怠りがちです。一方、紙の明細なら、毎月送られてくるので、簡単に確認することができます。もちろん、紙の明細書の場合には、費用が発生するので、それをデメリットに感じる部分もあります。つまり、月々80円の請求が加算されるわけで・・。それでもやっぱり私は紙の明細のほうがいいですねえ。この先もWEB明細に切り替えるつもりはありません。

Uncategorized
/

使用する理由で一番大きい理由は何と言ってもマイルやポイントが付くところです。ポイントは普段の買い物だけではなく、光熱費などの日常の生活費も引き落とし先を指定してしまえばこれもポイントになるため、結構なポイントがひと月でつけることができます。そうして、溜まったポイントで商品券や実際の買い物で割引できるところは現金にはない魅力だと思います。また、最近ではネットショッピングやATMでの手数料も節約すことができます。金額としては少額かもしれませんが、年間で考えるととても大きな金額になるため、細かいですがとても魅力に感じています。あとはカード特典で特定のお店での買い物が割引されたり、場合によっては空港のラウンジを利用することができるのはいいですね。

Uncategorized
/

コンビニでクレジットカードを使うときによくやってしまうのが、クレジットカードの渡し方間違いです。コンビニによって、店員さんに渡すのか、機械に差し込むのか、分かれるのですが(それ以外があったらごめんなさい)、物覚えの悪い私は、「このコンビニはここ、このコンビニはこっち」ということを覚えていられないので、毎回渡さなくていいカードを渡そうとし、あるわけない差込口を探したりしています。なので、指摘されるたびにとても恥ずかしい思いをします。店員さんは気にしていないと思うのですが、恥ずかしさを隠すためにニヤニヤと変な笑いを浮かべている私をどんな気持ちで見ているのか…。想像するだけで胃が痛くなってきますが、いつか機会があったら聞いてみたいものです。

Uncategorized
/

私は仕事上、車を使うことが多い、というか毎日使います。今まではガソリンを現金で入れていましたが、クレジットカードを使うとその安さに驚きました。3から5円の値引きですが、これが結構響いてくるのです。ガソリンを入れたときに、ちょっとしたクーポン券がもらえたりもします。年会費も無料ですし、使えば使うほどポイントがたまって、商品と交換できるチャンスがあるといいます。必要に駆られて作ったカードですが、これほどまで恩恵を受けられるとは思いもよりませんでした。ショッピングの時にも役立っています。あまりカードで買い物をする機会がなかったのですが、ショッピング時に使うと、次回のガソリン代に値引きのサービスがついてくるのです。車移動をする私にとって、燃料費は切っても切れないものなので、大いに助かっています。ここまで便利でお得とは。

Uncategorized
/

日常生活の中で買い物をする時は、クレジットカードを利用することがとてもお得だと思います。同じ商品を購入するのにも、現金で払うよりもクレジットカードを利用することでポイントをためることができるのです。私は通常よりもポイントが5倍貯まる日を狙って購入するようにしています。するとその貯まったポイントでまた別の買い物をすることができて、とても得することができます。クレジットカードの発行は年会費がかかる場合と、無料で作れる場合があります。私は無料で作れるクレジットカードを発行してもらい、永年お得を感じることができています。また外出する時に現金をジャラジャラ持ち歩くことが苦手なので、カード一枚を財布に入れて身軽に活動することができます。

Uncategorized
/

私は10年程楽天カードを所有しています。年会費も無料で楽天市場で買い物をする際のポイント還元率も良く、取り扱い商品が多いのでポイントが無駄になる事がありません。なので日頃の食料品や日用品等の買い物は、必ずクレジットカード払いが出来るスーパーを選んで利用するようにしています。利用明細が見れるので、家計の把握もしやすくなりました。また任意保険、生命、医療保険などクレジットカード払いが可能な会社がある事を知り、全て変更しました。これらだけでも毎月数百ポイントがコンスタントに貯まります。また、クレジットカードを持つ前は、オークションやネットショッピングでは銀行振り込みかコンビニ払いを利用していましたが、家にいながら即支払いが可能なのもとてと便利で助かっています。こつこつ1年間貯めて、家電など大きな品物を買うのが私の楽しみです。

Uncategorized
/

クレジットカードを日常的に使用しています。朝食を購入する際(少額)も、クレジットカードを使用します。現金を持ち歩かなくてよくて、大きい財布が必要ない為大変重宝しています。また同時にポイントも貯まり、様々な用途で使用できる事も助かっています。しかし、計画的に使用しないと翌月・翌々月の支払いが大きくなり、大変負担が大きくなる事があるので注意が必要だと思います。日常では朝食ぐらいしか使用しませんが、突発的な移動費等の支出が発生してしまった際は現金を持っていない為、クレジットカードを使用します。その現金を持っていない時の“突発的な支出”が重なると大変大きな負担となり引き落としができなかった事が多々あります。消費者金融のCMでも謳われている“ご利用は計画的に”はクレジットカードを使用している時にも言える事かなと思います。

Uncategorized
/

最近はオンラインで24時間申し込みができるクレジットカードがたくさんあります。そんな中でライフカードは大変便利なカードです。オンラインで申し込む時点では必要な書類等はありません。クレカ作り方も簡単ですのでこれからご説明していきますね。ライフカードのサイトで申し込みフォームに入力をします。初めての方はカードブランドの選択に悩まれるかもしれませんね。JCB、VISA、MasterCardの3つから選べますが、初めての方はJCBで良いと思います。海外でも使う予定のある方はVISAかMasterCardの方が良いでしょう。氏名、住所、勤務先等必要事項を入力するとすぐにカードの審査に入ります。早い人では数分で完了し、登録したメールアドレスに審査結果が届きます。審査が通ったあと1週間から10日でカードが送られてきます。このカードの受け取りの際に本人確認書類を提示する必要があります。運転免許証等現住所の記載された公的証明書を用意しておいて下さい。カードが届いたら裏面に署名をし、サイトで初回登録をするとすぐに使えるようになります。

Uncategorized
/

Amazon Mastercardクラシックカードに最近ハマり、使用しています。以前はYJカード(ヤフー)を使用していました。ヤフーショッピング等のヤフー内のサービス使用時にTポイントが貯まるものでしたが、結局のところいくら還元率が良くても、買い物をしないとTポイントは貯まりません。当たり前のことなのですが、買い物の積み重ねで送料負担がのしかかってくることと、まとめ買いをすれば送料無料とよく謳い文句でありますが、そのために少々多めに買わないといけないことが金銭的にも心理的にも負担を感じるようになりました。その点、Amazonでは年会費3800円はかかりますが、プライム会員となれるので会員用の商品は1点から購入したとしても送料無料。大手ショッピングモールなどで陳列されている大体の商品は会員用に登録されているので、商品も豊富ですしネット通販をたくさん利用される方には、使用すればするほど送料がかからない分お得だと思います。さらに、年会費3800円にはAmazonビデオが見放題。こちらも映画・ドラマ・アニメ等種類は豊富です。月額にして3800円÷12=約317円。毎月300円ちょっとで動画見放題と、買い物の送料0円放題はなかなか他にはないのではないでしょうか。もちろん、高還元率ポイントのカードも魅力ではありますけど、使用目的次第では還元率より付加価値重視というのも大いにアリだと思います。